すのう

「貴方の心の片隅に、小さな痼を遺す唄を。」